アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

自動車を運転するためには免許証が必要です。
免許の種類はいくつかありオートバイと車に分かれ、車のうちでも普通免許、中型免許、大型免許の3種類があり、さらに大型特殊があります。
一般に車を運転する場合には普通免許であれば良く、多くの人は普通免許を取得していますが、仕事でトラックなどを運転する場合には中型免許や大型免許が必要な場合があり、特殊車両を運転するには大型特殊免許が必要になります。

また普通免許でも従来のマニュアル車を運転できるものとオートマチックに限定したものの2種類があり、特にマニュアル車は操作が難しく挫折する人も多くいますが、オートマチック限定は取得が容易です。
また免許取得には教習所で取得するのが一般的です。

教習所の種類について


自動車教習所は免許をとることをサポートしてくれ、本免許取得までに必要な仮免許の実技試験や本免許の実技試験などを行ってくれるメリットがあります。
多くのところでは普通車とオートバイの免許取得をサポートしており、一部では中型、大型の取得をサポートしていますが、近年は少子高齢化の影響で免許取得者が減少しており、競争が激化しており、取得者の少ない中型や大型を取り扱っていないところも多くあります。
一方で、これらは施設に通う必要があり、また予約をとる必要あるためスムーズには取得できません。
そのためスムーズに取得が可能なのが合宿免許です。
これは用意された宿泊施設に泊まり集中して取得するもので、施設に通うよりも短期間で取得が可能です。

教習所ではない教習所とは


教習所では実技試験を含めて教習の殆どを行うことができます。
これは公安委員会に指定されることで行えることで行えるものです。
一方で公安委員会の指定されていないものもあります。
この場合には仮免許や本免許の実技試験を運転免許試験場で受験することになります。
前者は実技試験が免除されるメリットがありますが費用が高額で、必要な技量が伴わない場合には教習が追加されさらに費用が掛かります。
一方で、後者は費用が安いものの教習の内容は少なくまた運転免許試験場で取得する費用は別に必要になり、不合格になった場合には再受験のための費用が必要になります。
またこれらの施設に通わなくても運転免許試験場での受験は可能であり、これらの試験に合格すれば免許を取得できます。

オススメリンク

通学か合宿か

自動車を運転するためには運転免許証を取得し、また運転中は常にこれを携帯しなければいけません。
この運転免許証の取得にあたって、運転の技術や交通ルールや車の構造など、さまざまな座学的な知識…Read more

割引サービスをチェック

先に述べたように、合宿免許は指定されたホテルや旅館などに泊まりこみながら、教習課程をクリアしていく方法となるため、教習に掛かる費用と別に、その宿泊費用や宿泊施設で提供される食事に掛かる費用、また…Read more

関連リンク

BACK TO TOP